合コン

おひとりさま合コン →合コンBarやネットのサイトなどで募集をかけ、  普段、自身のツテだけでは合コンに参加出来ない  合コン難民を集めて合コンを開こうという企画のこと。  事実上、出会い系のバージョン違いなだけ。  まぁ、個人同士で会うのは怖いけど、  複数人でいっぺんに会う合コンスタイルであれば、  多少は安全なかも?という女性にはいいのやもしれん。 その存在自体は知っておりました。 なので、7/21(土)の早朝、 知人の風俗誌ライターから来た、 「最近のおひとりさま合コン事情を取材したいから、  俺の代わりに人身御供になってくんね?」 そんな失礼極まりない要請に対し、 いつもの好奇心が参加を決めさせたわけです。 まぁ、今回は参加にあたっての段取り自体を、 全て要請元のライターが整えてくれているから、 会場となる店へ時間通りに行きゃぁいいだけだしね。 そして、7/21(土)19時少し前、 会場となる新大久保の某韓国料理屋へ。 参加メンバーは以下のようなラインナップ。 女性陣:42歳OL、35歳ショップ店員、33歳調理師 男性陣:44歳劣化温水洋一、27歳とっぽい会社員、31歳な私 やたらとテンションの高い27歳会社員が引っ張る形で合コンスタート。 ひとしきり自己紹介をしていく最中、 「俺、酒強いんでガンガンいきます!!」 そう叫びつつ、半ば一気飲みに近い形で呑んでいた27歳会社員が、 4杯目のビールを呑みながら、いきなり突っ伏して動かなくなる。 ・・・返事がない・・・ただの屍のようだ・・・ もとい・・・酔いが回ってオチたようだ。 ・・・えーと・・・酒、強いんじゃなかったの? 開始15分強でこれかよ・・・ 吐かれても困るので鬱な気分のまま介抱に回る私。 そんな状況を気にするでもなく呑んで話す残りの4人。 ・・・何か状況がおかしい気もするんだが・・・ まぁ、いきなり一波乱はあったが、 ボチボチ場が和んできたかなぁというところに、 今回の結果の全てを決めてしまった最悪のリサイタルが始まった。 「今日はよかったよ。私の話を聞いてくれる人が少なくてねぇ。」 44歳劣化温水洋一がこう切り出し、 そのままジャイアンリサイタルの如き自分語りタイム発動! ・・・女性陣が話す暇もほぼ無く、 ひたすらに続く自分語りに女性陣は完全ドン引き。 「あ、ちょっと用事を思い出したので・・・」 「家の鍵閉め忘れてたので帰ります!」 「・・・あり得ない・・・!!!」 それぞれに捨て台詞を残し、 開始から1時間強の間で、 女性陣3人が次々と離席・・・ つーかワシ、まともに女性陣と話してないぞ・・・ そんな当たり前な反応を見せて消えた女性陣に対し、 「ふざけんな、糞ビッチ共がっ・・・!!!」 勝手にブチキレて同じく消えた劣化温水。 ・・・お前のせいだお前の・・・(-”-#) つーか、話を聞いてくれる人がいない理由に 気付いてないんか貴様はよ!!!!!!!! ・・・そしてつぶれたまま目覚めない27歳会社員と私を残し、 おひとりさま合コンは開始から1時間強であっさり終了。 とりあえず、この状況下において、 会費だけは何とか回収せねばと動いておけたのは、 完全に職業病からくる行動なんだろうなぁ・・・ 店の会計を済ませ、横合いで取材と称して 状況を爆笑しながら観察していた某知人ライターの手も借り、 つぶれた27歳会社員を大久保病院へ引きずる。 そして救急患者受け入れの入り口付近に投げ捨て、 ライターと一緒に旧コマ劇前の広場へ移動。 ライター:「やっぱネタを呼んでくれるよな、お前は。(爆笑」 私:「・・・わかってて呼んだんじゃないのか?(半ギレ」 ライター:「面白おかしい記事にアレンジしてやるよ。」 私:「・・・・・・・・・・・・(ぷっちん!!)・・・・」 ・・・本気でぶん殴りました、えぇ。 こんなに気分の悪い呑み会は初めてだ!!!! その後、知人が経営する阿佐ヶ谷の店に赴き、 ビール&マッコリ2升を空けた後、 渋谷の行き着けBarにて更にビール&お茶ハイを空けまくるという、 完全なヤケ酒モードで朝を迎えましたさ・・・ 結論。 おひとりさま合コンは「合コン」というよりも、 男女交えての知らない人との飲み会といったほうが正しい。 そして、参加者によっては最悪の結末が待っている。 そも、合コンてのは女性陣をたててナンボだろうが!! それ以前に、人としての礼儀を欠く輩が、 合コンに参加しようなんぞと考えるんじゃねーよ!!! ・・・ちゃんと女性と話せる合コンに誘って下さる方を募集します・・・

直アド交換サイトでセフレ募集



No Comment